傷んだ髪との付き合い方

高校を卒業して暫くは地毛のままだったんですけど、ある時白髪に憧れて自分でブリーチをしたんです。美容院だと料金結構取られるかなと思って自分でやったんですけど、素人ですしそれについて勉強もしてなかったのでちゃんと抜けたところとそうでないところと、とにかく凄いことになりました。

http://djmarkash.com/

当時焼肉屋のキッチンでアルバイトしてたんですけどレモン色?に近い金髪はダメだと言われ、翌日には黒染めをしました。もちろん自分で。髪を治せることも知らなかったのである程度伸びたらバッサリ切るしかないと思っていました。本格的に髪の治療をし始めたのは専門学校2年目の時です。数ヶ月後に成人式を控えていました。

ヘアセットって薬品使ったりアイロン当てたりして髪が今以上に傷みそうだと、そして私の髪はヘアセットに耐えられるのかと心配になりました。そこで知り合いに髪のダメージが凄くてと相談したらここの美容院オススメだよと紹介してもらいました。それまでにブリーチ3回とパーマ1回やっていたのでかなり傷んでいました。

美容院ではあともう少しで髪が溶けるところだったよと言われました。シャンプーした時はそうですけど、濡れたまま放置すると抜け毛や切れ毛が酷くて、やっぱりそれぐらい悲惨な状態だったんだと改めて実感しました。事情を話し毎月1回と成人式の直前に1回来てねと言われました。1回2万円ちょっと、1年かけて傷め続けた髪を治すのに10万円かかりました。こうなると知っていたなら初めから美容院でやってもらうかそもそも脱色をしなかったと思います。

成人式が終わり胸下まで伸ばした髪を肩口ぐらいまでバッサリ切りました。それから暫くして1回髪を切っているのですが、まだダメージが酷かった部分は無くなりません。

治療をしている中で美容師さんにこれはやってねと言われたことがあります。それは髪を絶対に乾かすことです。濡れている間が1番傷むそうです。ドライヤーが嫌いだった私にとってはかなりきつい条件でした。ドライヤーをする時はダメージ軽減のためヘアオイルをつけるといいよとも言われました。今ではその教えを忠実に守っています。
目標はノンダメージで髪を腰まで伸ばすことです。がんばります。