悔しさ思い出しダイエット

私は10代のころは、当時サッカー部だったということもあり、身長170cm,体重52kgで非常にスリムだったことから、周りからは細すぎてカマキリなどと呼ばれていました。

http://www.derdickdarm.org/

そう呼ばれることは自分にとっては非常にうれしいことだったのですが、10年後、仕事のストレスなどから食生活が乱れ、コンビニ食が中心に、そして事務仕事なので運動量も少なく、気づいたら体重は80kgとなっており、同窓会で会った友達からは「誰?」、「カマキリだったお前が今たぬきじゃん」などとおちょくられ、特に辛かったのが昔付き合ってた彼女から興味を持たれなかったことです。明らかに、デブには興味ないといった感じでした。

その日から、絶対やせてやると決意しダイエットを開始しました。私が取り組んだのは、徹底的に太る原因「摂取カロリー」を抑えることでした。具体的には、一週間のうち全く食べない日を1日作る、慣れてきたら食べない日を2日作り、さらに3日作りと、健康のことを考えてそれ以上は食べない日を増やさないようにしました。

一見体に悪そうなダイエットにみえますが、私にはこのダイエットが一番効果があり、体重はみるみる落ちていきました。食の誘惑に負けそうなときはあの悔しかった日を思い出すことで、自分を律することができましたし、一か月ほど続けたところで、明らかに胃が小さくなったのがわかり、少量の食べ物でも満腹感を得ることが出来るようになりました。

現在、68kgまで体重を落とすことに成功しているので、60kg代前半を目指していきたいと思っています。ただ、体への負担も大きいので、実践される場合、特に肉体労働などされてる方は注意が必要です。