留学で得た肉を削ぎ落とす!私の1年チャレンジ

私が、大学2年生の21歳の時、人生で初めての、長期留学に挑戦しました。留学といっても、語学留学という形ではなく、海外インターンシップといった方が良いかもしれません。

実際に現地で働きながら、ホストファミリーと一緒に暮らす生活を約1年続けていました。http://www.sakae-ya.com/

「海外」という素敵な響きに惹かれて挑戦してみたものの、最初は言葉がわからない、仕事の内容がわからない、気を遣う…ということが続き、気がつけばスーパーハイカロリーなお菓子に手を出し、土日は飲みに町へ繰り出すという生活に段々と慣れてきていました。結果、1年間で5キロ太り、顔も腕もパンパン。両親からは、「アンパンマンみたい」と言われてしまいました。

気がつくと、お腹周りにはみたこともない、肉の浮き輪ができていました。日本に帰国してから、「これは痩せなければ」と覚悟を決め、まずは断酒することにしました。ストレスで、飲むということが当たり前になっていましたが、そこを我慢するだけで、むくみ、体のだるさが取れていく感覚がありました。

これまでのように、ストレスが極度に溜まることもなかったので、お酒を飲む機会も自然と減っていきました。そこに、加えてYouTubeを用いての運動も始めました。もともと、ダンスが好きだったこともあり、カーディオダンスを毎日行うことにしました。短い時は、1日15分、長い時は1日1時間ぐらい踊っていました。それを繰り返していくうちに、2ヶ月で3キロぐらい落ちていました。

すっかり、健康志向の沼にハマってしまった私は、朝起きたら水を飲み、朝ヨガをするのも日課になるぐらい健康的になっていました。そんな生活が普通になった今、およそ1年で7キロ痩せました。留学に行く前の自分より痩せ、身も心も軽い状態で毎日を過ごすことができています。